大和実践会

日本人の心身をより良くするための情報や和多志の氣付きを発信しています。

スポンサーリンク

【GHQが定めた30項目の報道規制リスト】

f:id:gutsmakky:20160327120418p:plain

GHQは終戦直後の昭和20年(1945年)9月に通称「プレスコード」、正式名称は「日本に与うる新聞遵則(じゅんそく)」を日本の報道機関に対し通達を出したようですね。

要は、「このリストに書いてあることは一切報道するな」というGHQからの命令です。

 

これにより、日本国民は真実を知ることができなくなるばかりか、GHQの都合のいい情報しか知ることができないようになりました。

 

日本人に誤った戦争認識が広がった大きな原因は、このプレスコードです。ただ他にも大きな原因はありますが、トップクラスの原因の一つはこの「プレスコード」でしょう。

 

以下が実際に、プレスコードとして日本の報道機関に対して禁止されたリストです。

 

  1. SCAP(連合国最高司令官もしくは総司令部)に対する批判
  2. 極東国際軍事裁判批判(東京裁判批判)
  3. GHQが日本憲法を起草したことに対する批判
  4. 検閲制度への言及
  5. アメリカ合衆国への批判
  6. ロシア(ソ連)への批判
  7. イギリスへの批判
  8. 朝鮮人への批判
  9. 中国への批判
  10. その他連合国への批判
  11. 連合国一般への批判(国を特定しなくても)
  12. 満州における日本人の取り扱いについての批判
  13. 連合国の戦前の政策に対する批判
  14. 第三次世界大戦への言及
  15. 冷戦に関する言及
  16. 戦争擁護の宣伝
  17. 神国日本の宣伝
  18. 軍国主義の宣伝
  19. ナショナリズムの宣伝
  20. 大東亜共栄圏の宣伝
  21. その他の宣伝
  22. 戦争犯罪人の正当化および擁護
  23. 占領軍兵士と日本女性との交渉
  24. 闇市の状況
  25. 占領軍軍隊に対する批判
  26. 飢餓の誇張
  27. 暴力と不穏の行動の扇動
  28. 虚偽の報道
  29. GHQまたは地方軍政部に対する不適切な言及
  30. 解禁されていない報道の公表

 

これらの影響によって、日本人の心が暗くなってしまったと私は思います。

そして「朝鮮人への批判」「中国への批判」などなど未だにメディアがしっかり守ってるのは何か裏があるような気がしてなりません。

 

戦後GHQによって日本が何をされたのか、一つ一つ解き明かしていくことで、今後日本を改善する方法がハッキリ見えてくるでしょう!

 

大和実践会ではこのプレスコードによって、日本がどういう影響を受けたのかについても、一つ一つを明らかにしていきます。

 

 

 

甦れ大和魂!!

用語の解説【ふ行】

プロパガンダ

プロパガンダとは、大衆を自分の持って行きたい方向に誘導するために、ウソも本当も織り交ぜながら、色々な情報を発信し大衆を誘導することです。

要するに、情報による大衆誘導です。

【大和実践会について】

大和実践会について

 

【大和実践会Facebookページ】

大和魂を引出す動画や言葉、その他大和実践会に関する情報を発信しています。

お気軽に「いいね!」してください。^^

 

【大和実践会ブログ】

2016年現在、アメリカGHQの占領政策(日本人家畜化計画)をメインに、その研究結果を発信しています。

スポンサーリンク