読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大和実践会

日本人の心身をより良くするための情報や僕の氣付きを発信するブログです。

スポンサーリンク

【フランクリン手帳を通して気付いた「根底の価値観」】

その他

f:id:gutsmakky:20160313193639j:plain

目次

  • 2種類の価値観
  • 表面の価値観と根底の価値観
  • 表面の価値観で人生設計した場合
  • 根底の価値観で人生設計した場合
  • まとめ

 

【2種類の「価値観」】

 私はフランクリン手帳というものを持っています。

この手帳の考え方は、価値観を元にスケジュールや行動を立てるということです。

 

 私は実践してみて、この「価値観」という考え方に限界を感じました。

それは、「自分の価値観」に限界があると感じたからです。

 

 「価値観」とは千差万別で、人それぞれに価値観というものがあります。

しかし私は、価値観というものに「表面の価値観」「根底の価値観」というものがあることに気付きました。

 そして、私が今まで実践してきたフランクリン手帳での価値観は「表面の価値観」だったと気付きました。

 

 フランクリン手帳では、「価値観」を重要視しています。しかし、「表面の価値観」を元にして、スケジュールや行動を立てたところで、私の場合、自分の深い部分納得ができないのです。

 

 なので、私はフランクリン手帳を続けようと思う気持ちが日に日に減少していきました。

 

 【表面の価値観と根底の価値観】

 では、表面の価値観と根本の価値観について私なりの考えで説明してみようと思います。

 

 【根底の価値観】

 根底の価値観とは、神仏の教えを元にした普遍の価値基準のことです。人間の模範にすべき行動基準、行動規範とも言い換えれると思います。

 

 この根底の価値観を「価値観」のスタートラインにすることで、表面の価値観を正しく築くことができると私は考えます。

 

 「表面の価値観」を価値観のスタートラインにすることは、「我欲・私欲」を元にしたスケジュールになり、私は自分の本心から外れた計画ばかり立てて、モチベーションが下がりました。それでフランクリン手帳を続けることができなかったのです。

 

【表面の価値観】

 表面の価値観とは、根本の価値観を土台に自分の個性を組み入れた価値観のことです。

こちらは、人それぞれに異なり、千差万別の価値観になります。なので、計画すること、スケジュールにすること、行動することも十人十色になります。

 

 例えば、画家を目指したいと思う人と、自動車整備士を目指す人とでは計画することも、行動することも違ってきます。これは当たり前ですよね。

 

 根底の価値観ない自分本位の価値観のみで人生設計をしてしまうと、本心とはズレた行動計画になり、やる気が持続しないと感じます。

 

【表面の価値観で人生設計した場合】

 例えば、お金が欲しいという「金欲」を価値観のスタートラインとして考えてみます。

 

 お金はあればあるほど良い。と思うのが「金欲」です。この価値観を元に人生設計をすると、お金を稼ぐために人を少々騙しても、お金が手に入ればOKだという考えになりやすいです。

 

 人間の意志はそれほど強いものではないので、必ず甘い方向へ進むでしょう。この場合なら、お金を楽に多く稼げる方法を探したり、金儲けを教えてくれる人に依存したり、毎日お金を儲けることばかり考え、心が貧しくなってしまいます。

これは、幸せな人生設計でなく、行動すればするほどモチベーションが下がっていきます。

 

 真面目な人ほど、資本主義の考え方をスタートラインとした価値観は肌に合わないでしょう。そういう人ほど悩み、葛藤が増大すると思います。

 

【根底の価値観で人生設計した場合】

 では次に、根底の価値観を基準にして人生設計する場合を考えてみます。

 

 私の考えでは「根底の価値観」とは神仏の教えを土台にしたものですから、仏教やキリスト教、神道、儒教、武士道などになります。こういった人として生き抜く上での普遍的な教えを元にした価値観です。

 

 これを元にして価値観を作ると、自分よがりの行動は慎むべきものと言う判断ができます。なので、あれこれ悩まずとも、価値観の骨格は自然にできあがります。

 

 そして、その骨格の上に自分の個性・興味・夢・目標・目的を乗せて人生設計をすることで、より納得感の強いスケジュールを作ることができると思います。

 

【まとめ】

 神仏の教えを価値観の土台にし、その上に自分なりの目的・目標を作ることでより納得のいく人生設計作ることができる。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

スポンサーリンク