大和実践会

日本人の心身をより良くするための情報や和多志の氣付きを発信しています。

スポンサーリンク

【日本人は日本を教わらなくなった】

 

f:id:gutsmakky:20160320201356j:plain

 戦後70年経ち、やっとWGIPの原文が見つかりましたね!!

WGIPと聞いても何のことだかさっぱりわからない人がほとんどだと思いますので、以下にその説明を致しました。

 

WGIP War Guilt Information Program

 

日本語読み= ウォー ギルト インフォメーション プログラム

日本語訳= 戦争についての罪悪感を日本人に植え付けるための宣伝計画

 

 現代の日本の様々な問題の根源が実は、戦後GHQが行った占領政策の悪影響だと聞いたら皆さんはどう思うでしょうか?

 

  • そんなバカな話があるわけが無い。
  • 下らない陰謀論に踊らされている。
  • バカバカしい。
  • 戦後の話で今は関係がない。
  • そんな存在初めて知った。

 

 などなど、様々な感想があると思います。

 

 しかし、この事実はアメリカのGHQ公式文章としてしっかり残っていますので、疑いようのない真実なのです。アメリカGHQは実際にこの洗脳計画を実行し現在日本の様々な分野で計り知れない悪影響が蔓延しています。

 

 今回は、そんなWGIPで行われた主な政策の一つ「4大教育司令」についてお話します。

 

 

目次

  • 第1指令「日本の教育の管理」
  • 第2指令「公職追放」
  • 第3指令「神道指令」
  • 第4指令「修身・日本の歴史・地理の授業などの停止」
  • まとめ

 

第1指令「日本の教育の管理」

 昭和20年10月22日に第1指令が発表されました。

 

 アメリカGHQの指令に従って、文部省(現文部科学省)はGHQの指示に従って、行動するように命令されました。

 要は、GHQの思い通りの日本人を育てるための環境作りが行われたわけです。牙を抜き、背骨を抜き、戦前までの心の教育はほとんど抜き取られてしまったでしょう。

 

第2指令「公職追放」

 次に、昭和20年10月30日に第2指令が発表されました。 

 

 第2指令は、GHQのやり方に反対したり、反発したりする官僚や学校の先生達を解雇するように指示を出しました。テストを実施して3千人が失格となり、そして20万人は自主辞職しました。これは悪名高い公職追放の一環で行われました。

 

 公務員の追放によって、戦前にちょっとでも筋の通ったことを言ったり、日本のことを良く言ったりした歴史・法律・経済の学者たちが解雇されました。

 

 その代わりに、戦前の反日だった学者や人間が、大学などで次々に職に就きました。結果的に、多くの大学や教育機関などは、反日勢力ばかりになってしまいました。

 

 そういう反日の人たちに子どもたちは教育されたので、子供達も反日思想になってしまいます。そして、その反日思想をもった子どもたちが育ちやがて、政治家、メディア、学校、などで活動し、次の世代にも反日思想を植え付ける。という悪循環になっていまいました。

 

第3指令「神道指令」

 昭和20年12月25日に第3指令が発表されまた。

 

 この第3指令は「神道指令」と言って、国家と神道を切り離すために行われました。そして、日本の歴史、伝統の素晴らしさを教えることも禁止されたのです。

 

 この「神道指令」は未だに私たちに悪影響を与えています。

 

 

第4指令「修身・日本の歴史・地理の授業などの停止」

 昭和20年12月31日に第4指令が発表されました。

正直、個人的にはこの指令が一番酷いと思いましたね!!

 

 この第4指令では、修身・日本の歴史、地理に授業の停止を指示しました。

 

 おそらく、戦後教育で育った私達には「修身」というものが何なのか分からないと思うので、少し解説します。

 

 修身とは、一言で言うと道徳教育です。この修身では「教育勅語」という明治天皇が人が生きる上で大切にすべき根本として、1890年に日本の教育に組み込みました。

 

 菊池大麓(きくいけだいろく)という明治から対象にかけて、数学と物理の博士そして文部大臣だった彼が、イギリスをはじめとする欧米で、教育勅語を英語で解説すると喝采を浴びました。

 しかし、日本が第二次世界大戦でアメリカをあそこまで手こずらせた大きな原因の一つが、この「教育勅語」で育った日本精神の影響が強いとGHQに判断され、戦後教科書から削除されました。

 

 要は、日本人の優れた精神を抹消するために、教育勅語は教科書から消されたのです。

 

 日本の歴史と地理の授業の禁止は、明治以降日本が、白人に奴隷状態にされたいたアジアの国々を白人による奴隷状態から解放していったことを、次の世代に伝えないために行われました。

 

 

まとめ

 こいう真実を一つ一つ知っていくと、私は「自分は一体今まで、何を学んでいたんだ…‥。これじゃあ中国や北朝鮮と同じく捻じ曲げられた教育じゃないか!!」と思いました。

 

 私達が学校で学んできた、「道徳」「歴史」「地理」というものは、ハッキリ言って「ニセモノ」なのです。私達はニセモノを土台にして人生を作っていたのです。

 

 日本の本当の心の教育をしてもらえない、本当の歴史も教えてもらえない、反日の教師に反日思想を植え付けられる、君が代の意味も教えてもらえない。

 

 こんな日本の教育で、まともな人間に育つのは難しいですよ。だって誇りも、自尊心も、国に対する思いも、文化の凄さも何も教えてもらえないんですから。そりゃあ、ウツも引きこもりも蔓延しますよ。

本当に酷いし、恐ろしいことをGHQにやられてしまったのです。

 

 少々暗い話題になりましたが、とても重要なのことなで書かせていただきました。

 

 

 

 

目覚めよ大和魂!

 

スポンサーリンク